第20回桐生楽講座「園長が語る『動物園の歴史や役割』」開催のご報告(7/7)

こんにちは,理工学図書館です。7/7(水)に20回目となる桐生楽講座-あなたの知らない(かもしれない)桐生-を開催しました!

講師には,未来へはばたけ 山田製作所桐生が岡動物園(以後,桐生が岡動物園)の齋藤隆浩園長をお迎えし,「園長が語る動物園の役割や歴史」と題してお話しいただきました。昨年度に開催を計画していましたが,コロナ禍により延期となり,今年の5月に予定していたところ,本学の入構禁止で再延期となり…,ようやく開催の運びとなりました。

当初はこれまでどおり対面での開催,その後はハイブリッドでの開催を目指していましたが,コロナ感染拡大防止のため,オンライン配信のみで実施しました。

Zoom画面より

Zoomでの開催は初めてでしたが,大きなトラブルもなく進行でき,オンラインということで,市外・県外からのご参加も多く,約130名の方にご参加いただきました。

長年桐生が岡動物園で飼育に携われ,現在は園長を務められている齋藤氏の朗らかな語りと,1時間では収まらない充実した内容(予定時間をオーバーしてしまい申し訳ありませんでした)に引き込まれ,楽しくも勉強になるご講演でした。

桐生が岡動物園が飼育や展示方法にどのような工夫をされているのか,桐生が岡動物園の長い歴史,動物園が持つ自然保護や種の保存といった役割etc.初めて知ることも多く,大変勉強になりました。

Zoom画面より

参加者からのアンケートでも大好評でした。節目となる20回目に素晴らしいご講演をしていただきました齋藤園長,ご参加いただきました皆さん,ありがとうございました!
皆でこれからも地元桐生の動物園を応援していきましょう。

Comments are closed.