6月 01

第23回桐生楽講座~あなたの知らない(かもしれない)桐生~開催報告(5/16)

こんにちは,理工学図書館です。

5/16(月),「伝統とは挑戦の連続」をテーマに,23回目の開催となる桐生楽講座を開催しました。今回も,会場での観覧とZoom経由でのオンライン視聴のハイブリッド形式での実施となりました。

講師は,株式会社笠盛の代表取締役会長・笠原康利さんです。笠盛は1877年(明治10年)に創業,今年で145年になる老舗企業で,笠原さんはソフトウェア会社に勤務の後,四代目を継がれました。桐生の伝統産業である織物業から始まった笠盛が,その後どのような経緯で刺繍へ転向したのか,桐生の歴史と共に歩んできた笠盛の飛躍のお話を伺いました。

松尾館長からのご紹介の後,講演は奈良時代まで遡る桐生織物の歴史についての紹介から始まりました。特に明治から昭和にかけての桐生の発展は,若い学生さんたちの想像以上だったようです。一方で,笠原さんが入社してからの会社は苦難の連続であったということですが,笠原さんのユーモアあふれる語り口に会場の出席者からも笑いがこぼれ,自社ブランドとして作られた「000(トリプル・オゥ)」の実物には,皆さん手に取って熱心に見入っていました。

笠原さんが特に熱をこめて語られたのが,固定観念にとらわれない自由な発想と挑戦が未来を切り開くこと,そして努力を続ければ必ず誰かが認めてくれるということでした。幾度も挫折を味わいながらも,諦めずに様々な新事業に挑戦したお話は,これから社会へ飛び立つ学生の皆さんを大いに勇気づけてくれたことと思います。

今回は会場とZoomを合わせて32名の参加があり,最後の質疑応答でも熱心なご質問をいただきました。笠原さん,そしてご参加くださいました皆さん,ありがとうございました!

2月 21

令和3年度新春書道展を開催しました

こんにちは、中央図書館です。

2022年1月28日~2月18日まで,中央図書館ギャラリーにて「令和3年度群馬大学書道部新春書道展」を開催しました。書道部の学生さん7名による書作品12点と篆刻5点,顧問の永由徳夫教授(共同教育学部)の書作品1点が並びました。

筆文字の力強さ,美しさ,繊細さ,そして書き手の個性なども堪能できる書道展は,コロナ前には毎年地域の方も多数来場される人気の展示でした。(書作品の前に立つと,背筋がピンと伸びる気がしませんか?)

ところが,今年は会期直前に,群馬県で「まん延防止等重点措置」が実施され,残念ながら学外の方は図書館へ入館できなくなってしまいました。

そんな中でも,図書館に来られない方にも作品を見ていただけるように,書道部の学生さんが展示解説の動画を作ってくれました!現在も群馬大学公式YouTubeチャンネルにてご覧いただけます。https://youtu.be/1-l608O8uUs

作品の撤収日には,和気あいあいと,テキパキと作業していた書道部員の皆さん。コロナ禍での部活動は不自由もあり,これまでなら当たり前にあった交流やイベントも制限される中で,一生懸命取り組んできた作品を丁寧に扱う姿に,じ~んと来てしまいました・・・

慎重に,丁寧にしまっていきます。

 

書道部の皆さん,永由先生,ありがとうざいました!

尾崎喜左雄博士展Part6トークショーを開催しました

Image

こんにちは,中央図書館です。

11月25日から中央図書館ギャラリーにて,「群馬県の古墳発掘の父 尾崎喜左雄博士展 Part6~群馬県内の古墳発掘・調査の歴史を識る~」を開催しました。6回目となる今回は,高崎地域における群馬大学の古墳調査に焦点を当てた展示を行いました。

 

12月15日(水)には,共に尾崎博士のもとで発掘調査や古墳研究に携わってこられた,群馬県立歴史博物館特別館長の右島和夫氏と高崎市教育委員会の田村孝氏によるトークショーを開催しました。

田村氏からは,昭和42~43年に実施された御部入(おんべいり)古墳群の発掘調査についてご紹介いただきました。続いて,右島氏から,尾崎喜左雄博士が群馬県内で古墳発掘をしていた時代的な背景、近畿地方や大和政権との繋がり、地理的な解釈などが語られました。最後に,お二人の学生時代の尾崎喜左雄博士との温かなエピソードを紹介いただきました。

参加した学生さんからは、「実際に研究している方からお話を聞くことで,分かりやすく面白さを感じることができた」「群馬でこのような古墳の発掘調査をやっていることは新たな発見だった」「講師のお二人の尾崎博士に対する尊敬や愛を感じるトークショーだった」との感想が寄せられました。

昭和20~40年代,群馬大学尾崎研究室が担ってきた古墳調査は,当時の群大生や地域の方々によって進められてきました。尾崎博士のもとで学んだ人々は,右島館長や田村氏のように,後に群馬県内の古墳研究や文化財保護行政などに携わり,尾崎博士の教えを継承しながら,さらに古墳時代の研究を発展させてきました。

群馬大学がこうして群馬県の古墳発掘に関わってきたことを,在学生や教職員,地域の方々に知っていただけたら嬉しいです。

田村孝氏

右島和夫氏

関連リンク

特別展示「群馬県の古墳発掘の父・尾崎喜左雄博士展 Part6~群馬県内の古墳発掘・調査の歴史を識る~」を開催します(11/25~1/13)
https://www.media.gunma-u.ac.jp/announce/2021/clib/2021112400.html

2月 05

群馬大学書道部新春書道展開催のご報告

こんにちは,中央図書館です。

1/8(水)~1/22(水)まで,中央図書館ギャラリーにて「令和元年度群馬大学書道部新春書道展」を開催しました。書道部の学生さん6名と永由教授(教育学部国語教育講座)の作品11点が並び,初日には上毛新聞や群馬テレビの取材も入りました。

群馬テレビの取材

また,1/14(火)には,書道部学生さんによる硬筆講座と作品解説も実施しました。硬筆講座では,お店の看板に見られるくずし字の解説の後に,参加者の皆さんで「寒中お見舞い申し上げます」など手紙で使える言葉を草書体で(!)書く練習をしました。参加者は,アドバイスを受けながら一字ずつ真剣に取り組んでいました。

パソコンや携帯電話で文字入力することが多い生活の中で,こんな風にじっくりと一字ずつ文字を書く時間が新鮮に感じますね。

硬筆講座
自分で書いた作品を解説

硬筆講座の後は,ギャラリーに移動して学生さんによる自作の解説を実施しました。「初めてかな文字の作品に挑戦した」,「お手本を参考としながらもこんな風に自分の個性を表現した」など熱意を感じる解説でした。

書道展に合わせてイベントを行うのは初めての試みでしたが,参加者と出展者が交流し,また展示作品もより深く鑑賞できるとあって,大変好評でした。準備を進めてくれた書道部の皆さん,ご参加いただいた皆さん,ありがとうございました!

12月 02

アゴラカフェ/ひとつばなし26「おとなのための絵本講座 朗読~宮沢賢治の世界へ~」開催のご報告(11/19)

こんにちは,中央図書館です。

11月19日(火)14:30~,アゴラカフェ/ひとつばなし26「おとなのための絵本講座 朗読~宮沢賢治の世界へ~」を開催しました。講師は,昨年12月のひとつばなし21にもご登壇いただいた,寺澤敬子さんです。寺澤さんは,長らく群馬県読み聞かせグループ連絡協議会の会長を務められ,県内各地で講演活動を行うほか,高崎市立中央図書館の絵本読書相談員としても活躍されています。

今回は,宮沢賢治をテーマに,彼の生涯や童話作品の紹介と,「いちょうの実」「よだかの星」の読み聞かせをしていただきました。

「いちょうの実」では,寺澤さんの朗読だけで童話世界を味わいました。ひとつひとつの言葉が丁寧に読まれることで,生き生きとした響きから物語が立ち上がり,いちょうの子どもたちが期待と不安で胸をいっぱいにしながら旅立ちを迎える情景が目に見えるようでした。

続いては,「絵本は物語のイマジネーションを固定化してしまうこともある一方で,優れた作家による絵は想像力を一層膨らませることができる」という寺澤さんのお話しとともに,伊勢英子さんの絵本「よだかの星」(講談社1986)をスクリーンに映しながらの読み聞かせがあり,会場は「よだかの星」の世界に包まれたようでした。

参加者は29名で,学外からも多くの方にご来場いただきました。「声に出して読むことで,今まで気がつかなかった情景描写や,言葉の美しさに気が付くことができた。」「心地良い朗読で,宮沢賢治の世界へ引き込まれた。」などの感想が寄せられ,朗読の魅力や賢治作品の奥深さを改めて知る機会となりました。寺澤さん,素晴らしい朗読をありがとうございました!

また,現在,教員展示コーナーでは「『銀河鉄道の夜』を読む」をテーマに宮沢賢治の作品・絵本・評論等およそ100冊を展示しています。この機会に,賢治の世界にたっぷりと浸ってみませんか。展示期間は12月27日までです。

お知らせ:アゴラカフェ/ひとつばなし26「おとなのための絵本講座 朗読~宮沢賢治の世界へ~」を開催します(11/19)
https://www.media.gunma-u.ac.jp/announce/2019/clib/2019110700.html